SEO対策のための記事のネタの発掘方法

MFC代表 熊野のブログ ネット集客 最前線基地

記事のネタが尽きた場合の対処法

こんにちは、記事作成オンラインの熊野です。
本日は、「SEO対策目的の記事のネタが切れないようにするには?」というテーマでお話をさせて頂きます。

当社に記事をご依頼頂く方の中には、法律関係や任意売却など・・・非常に専門的な内容のお客様が非常に多いです。
私たちが記事を執筆させて頂いているお客様は、「SEO対策のための定期的な更新」を目的とされているため、毎月の記事の納品が必要になってきます。

ダイエットや美容などの幅広いテーマの場合なら、いくらでも記事のネタはありますが、上記のような限られたテーマの場合、どうしても「ネタが切れてしまう」という問題が起こります。
しかし、サイトの更新を止めると順位が低下してしまいますから、「記事のネタが切れた」という理由で更新をやめるわけにはいきません。

そこで、記事作成オンラインでは、いつまでも新鮮で新しいテーマの記事を書き続けるため、以下のような工夫をしています。

1、企画の段階でしっかりと詰めておく
たとえば法律関係であれば、「労災」「相続」「不動産トラブル」など・・・大きなカテゴリーをしっかりと決めてから、記事の執筆に入っていきます。

「思いついたことをテーマにする」という書き方ではなく、カテゴリーから記事のネタを作っていくような方法をとっております。
そのため、記事作成オンラインでは企画の段階の調査に、非常に力を入れています。

2、「質疑応答形式」の記事を書く
普通に記事を提供するだけであれば、ネタが限られてくるのも現実です。
そこで、記事作成オンラインでは、「細かい状況に対して専門家がアドバイスをする」という観点で記事を作成していきます。

過払い関係であれば、「過払い請求 手順」というような単純なカテゴリーで記事のテーマを決めるのではなく、「42歳男性で、7年前にアコムで50万円を・・・」というように、細かい設定を行っていきます。

このようにすることで、記事のバリエーションは無限に広がりますし、同じようなケースの方に見て頂けた場合は、成約率が飛躍的に上昇します。

3、「キーワード=記事のテーマ」にとらわれない
たとえば、ローヤルゼリーというキーワードを用いて記事を書く場合、必ずしも記事のテーマはローヤルゼリーでなくても良いです。
記事のテーマは「若く見られる髪型」として、若く見られる髪型について書く中で、ローヤルゼリーというキーワードを入れていけば、それで新しい記事を1本書けます。

SEO対策が主な目的ですから、記事の中に目標キーワードを入れる必要はありますが、必ずしも記事のテーマとキーワードが一致する必要はないわけです。


当社ではこのような3つのテクニックを用い、1つのテーマの中でも様々なバリエーションの記事をご提供しています。
その結果、記事の量やバリエーションでライバルに差をつけることができますから、長期的な順位アップにつながっていきます。

現在地:トップページMFC代表 熊野のブログ ネット集客 最前線基地