「事業のネタ」はどうやって探す?

MFC代表 熊野のブログ ネット集客 最前線基地

「儲かる事業のネタ」を知りたいんですが・・・

こんにちは、熊野です。

私のところには、週に2回くらい集客のご相談があります。
多くの場合、「売れない商品やサービスを何とかしたい」という感じのご相談なのですが、中には少し変わった相談をされる方がおられます。

それは、「儲かる事業のネタを教えて欲しい」という起業家志望の人からの相談です。
このようなお話をすると、「そんなネタがあっても、人に教えるはずがない。聞くこと自体がばかげているのでは・・・」と思われるかも知れませんが、私は意外とこういう質問が好きです。

私はそういう人の質問に対して、一緒に考えるようにしています。
なぜなら、起業をして間もない人にとって、「事業のネタが無い」というのはかなり深刻な問題で、私自身も起業当初の頃は、かなり悩んでいたからです。

大阪集客代行センターは、商品やサービスをPRするのが仕事のはずですが、
おそらく累計100人くらいの人から、「事業のネタ」に関してのご相談を受けています。
結構不思議な現象なのですが、必要とされているわけですから、嬉しく思っています。


さて、これから起業をしたいという人からの相談を受けていると、いつも、
「今の時期、どんな事業をすれば儲かりますか?」と質問されます。
つまり、「ブームに乗った事業をやりたい」ということです。

「ブームに乗った事業で、一攫千金。5年で店頭公開!」というのが、
成功者の形として映っているようですが、私はこのような例は珍しいと思っています。
ブームを掴むこと自体が難しいですし、多くの競合相手が参入してくるからです。

もしブームに乗って一気に上手くいったとしても、その過程で人を雇用しなければなりません。
そんな人たちを、「ブームが終わったので、来月から辞めて下さい」と言うわけにもいきません。
つまり、ブームが終わるまでに別の事業で成功しておかないと、雇った人たちを雇用し続けることが出来なくなってしまいます。

だから、「ブームに乗った事業」を求めるのではなく、地味だけど長く続ける事業を選んだほうが、長期的な視点で考えるとオススメです。
たとえば、「海外から輸入して、ヤフオクで転売して儲ける」というビジネスの話をよく聞きますが、この際も「流行のもの」を取り入れるのではなく、「地味だけど、根強く必要とされているもの」を選んだほうが、長期的に収益が上がります。

ホームページのSEO対策にも同じことが言えます。
無理なリンクを貼って、強引に順位を上げようとしても、最終的にはペナルティを受けてしまい、検索結果に出てこなくなってしまいます。
それよりも、「本当に役立つ情報」をしっかりと提供し、分かりやすいページを作成する方が、長期的には成果が上がりやすいです。

長く安定して成功している会社は、一人ひとりのお客様とのつながりを大切に、市場に対して信頼を構築することを最も重視しています。
これはインターネットの世界にも言えることで、「お客様の声」をコツコツとアップし、ホームページの質をブラッシュアップしていくことで、大きな成功につながっていきます。

昔は「インターネットで一気に成功」ということもありましたが、今の時代はその状況が大きく変わってきました。
小手先のテクニックではなく、「本当に信用できること」に重きが置かれています。

逆に言えば、「努力すれば報われる時代になってきた」と言えます。
インターネットでの集客に関して、その商品やサービスの真価を問われると言えるでしょう。

現在地:トップページMFC代表 熊野のブログ ネット集客 最前線基地