検索順位が気になって仕方がない・・・

MFC代表 熊野のブログ ネット集客 最前線基地

「毎日、自分の検索順位が気になる」・・・という病気について

こんにちは、熊野です。
今日のブログでは、私が1年前くらいにかかっていた「ある病」についてお話したいと思います。

その病は、SEO対策をされている多くの方が経験されたことがあると思うのですが・・・
「毎日自分のサイトの検索順位が気になって仕方がない」という状況です。
今思えば、これはある意味病的な状態だったと思います。

たとえば、私は現在人体模型の通販サイトを運営しています。

「大阪人体模型センター」
http://www.human-model.com

このサイトですが、ちょうど1年前くらいは、「人体模型」という検索キーワードで1位でした。
なぜなら、外部対策など・・・さまざまなSEO対策を施していたからです。

当時の私は、毎日、「人体模型」「人体模型」「人体模型」・・・
と暇があれば、1日10回くらい検索していました。
なぜなら、SEO対策の順位が気になって仕方がなかったからです。

でも、今ではほとんど検索することがなくなりました。
なぜなら、「人体模型」というキーワード以外にも、「脳模型」「心臓模型」「内臓模型」「胃模型」など・・・100個以上のキーワードで上位表示したからです。
そして、これらのキーワードからの売り上げが大半を占めるようになったので、別に「人体模型」というキーワードの順位が気にならなくなりました。

無理なSEO対策をしなくなったので、今では2ページ目位に落ちていますが、
売り上げは1年前と比較して倍以上に伸びています。

さて、冒頭で「キーワードの順位が気になって仕方がない」という状況を、病気と言いましたが・・・本当に悪いことなのでしょうか?

これには様々な状況があり、一概には言えないのですが、「1つのキーワードの順位が気になって仕方がない」というのは、あまり良い状況であるとは思えません。

その理由は2つあります。

1つ目の理由は、単純に「精神的に不健康」だからです。
毎日何かにおびえながら過ごすというのは、非常につらいものです。

2つ目の理由は、「ビジネス自体が安定していない」からです。
アクセスを集めるための手段は、「メインのキーワードで上位表示すること」だけでは無いと思います。
メインキーワード以外の複合キーワードで上位表示することや、リスティング広告を併用することで、アクセスを集めることができます。
つまり、「メインのキーワードで上位表示しなければ、収益が上がらない」というのは、非常に危険な状態であると言えます。

当社ではSEO対策に役立つためのコンテンツ強化のための記事作成をサポートしていますが、その目標は「本当に強く集客できるサイトを作り上げること」にあります。
サイトを総合的に強くしていくことで、「メインのキーワードに依存する」という状況を脱却することができます。

現在地:トップページMFC代表 熊野のブログ ネット集客 最前線基地