SEO対策の最新情報|何が正しいのか?

SEO対策で上位表示したい

オールドドメインの価値とリスク

昔から使われているドメインを「オールドドメイン」と言い、実績がある分、検索エンジンに優遇されやすいと言われています。
そのため、オールドドメインの価値に注目し、積極的に活用される方が多いです。

オールドドメインの中でも検索エンジンに優遇されやすいと言われているのは、
2004年以前のドメインで、検索エンジンにURLを入れた際にインデックスされるものです。このようなドメインは、比較的安定したSEO対策効果が期待できますので、価値が高いと言われています。

オールドドメインが効果的な理由は2つあります。
1つ目の理由は、「長い間使われているドメインなので、検索エンジンから信用がある」ということです。
2つ目の理由は、「もともと運営されていたホームページだから、最初からリンクが付いている」ということです。
これら2つの理由から、現在はオールドドメインが優遇されています。

しかし、これから先は分かりません。
オールドドメインには、以下のようなリスクも存在することは、あらかじめ知っておいた方がよいかと思います。
これらのリスク要因は上記のメリットの裏返しになります。

1、過去のホームページと現在のホームページが異なる
オールドドメインでの運用歴のあるホームページと、新しく運営するホームページは明らかに異なっています。
今はGoogleがその違いを検知できないかもしれませんが、将来的には分かるようになるかもしれません。
そうなると、「過去の運用歴」が無効としてカウントされてしまう可能性があります。

2、知らないリンクが張られている
過去に別のホームページが運営されていたわけですから、そこには得体の知らないリンクが張られている可能性があります。
ですから、そのリンクに対して突然ペナルティを受ける危険性があります。

このようにオールドドメインはSEO対策に関して有効な手段と言えますが、見えない側面もありますので、必ずしもオススメできるわけではありません。
上記のようなリスクを考慮すると、新しいドメインを使ってホームページを立ち上げた方が成果が安定していると考えられます。

ただしサテライトサイトやリンク元として活用するのであれば、上記のような不安要素も若干少なくなります。
その場合も、2004年以前の、しっかりとインデックスされるものを用いた方が、安定した成果が得られることでしょう。

無料相談お申し込み

現在地:トップページSEO対策で上位表示したいオールドドメインの価値とリスク