SEO対策の最新情報|何が正しいのか?

SEO対策で上位表示したい

相互リンクの効果は本当にあるの?

相互リンクはSEO対策のツールとして、伝統的な手法です。
無料で実践でき、様々なサイトからのリンクが得られるので、外部対策としては非常に有効な手段です。

しかし、2013年の「ペンギンアップデート」というGoogleのアルゴリズムの変更以降、「相互リンクの効果は無くなった。むしろ検索エンジンペナルティの原因になるから、やめた方が良い」という噂が流れるようになりました。

そこで、このページでは相互リンクのメリット、デメリットについてご紹介させて頂きます。

相互リンクの最大のメリットは、「完全に他人が運営しているホームページからリンクが張られること」です。
サテライトサイトやリンク集などと異なり、自作自演ではないので、高いリンク効果が期待できます。
冒頭のように、「効果が無くなった」という噂が流れていますが、相互リンクはまだまだ効果的な手段です。
また、無料で実行できますので、空き時間に相互リンクを行うことで、無駄なコストをかけずにすみます。

しかし、以下のようなデメリットや危険性もあります。
1つ目の危険性は、「継続しなければならない」ということです。
こちらのページでもご紹介させて頂きましたように、外部リンク対策を急にやめると、ペナルティにつながる可能性があり、一気に検索順位が低下してしまいます。
ですから、継続的にリンク対策を行う必要があります。

2つ目の危険性は、「相互リンクのページが増えすぎると、サイトのテーマが崩れてしまう」という点です。
相互リンクに力を入れ過ぎて、そのページが増えすぎると、サイトの中のコンテンツが相互リンクばかりになってしまい、本来のテーマが崩れ、何のサイトか分からなくなってしまいます。
内部対策の基本は「専門的なサイトを作る」ということにありますから、外部リンクを増やし過ぎてこのような状態になると、検索順位に悪い影響を与えます。

相互リンクは非常に効果的なリンク対策ですが、このような2つのデメリットを理解したうえで実践しなければなりません。

無料相談お申し込み

現在地:トップページSEO対策で上位表示したい相互リンクの効果は本当にあるの?