SEO対策の最新情報|何が正しいのか?

SEO対策で上位表示したい

本当に効果のあるリンクとは?

「外部対策を誤った方法で行うと危険であること」をこちらのページでお話させて頂きましたが、それでは「効果のある外部リンク」とは、どのようなものなのでしょうか?
このページでは「効果的なリンク」ということに関してお話させて頂きます。

「古いドメイン(オールドドメイン)からのリンクが効果がある」
「トップページからのリンクが効果がある」
「ページランクが高いサイトからのリンクが効果がある」

など・・・様々な噂が流れています。
確かにどれも効果が無いわけではありませんが、所詮は「自作自演の怪しいリンク」です。

それでは、どのようなリンクが効果的かと言いますと、「実際にお客様が来ているリンク」です。
具体的には、Google analyticsの中で「参照元サイト」として表示されるようなサイトのリンクが最も価値が高いです。

例えば、Aというサイトのリンクがクリックされ、あなたのホームページを見に来ている人がいるとします。
この現象を、検索エンジンの運営元であるGoogleはきちんと計測しており、
「Aというサイトのリンクが実際にクリックされた」=「有意義なリンクである」と認識します。
その結果、実際に人が来るリンクが「強いリンク」となっていきます。

このような「実際に人が来るリンク」を作成するためには、機械やシステムによる作業だけでは限界があります。
他のサイトで紹介してもらうことを依頼するとか、自分のホームページに関連したお役立ちページを作成するとか・・・地道な努力が必要になってきます。
しかし、このような外部対策はサイトのアクセスアップにもつながりますし、長期的に効果が発揮されます。

この作業は非常に手間と時間がかかりますが、「いつまでも事業を存続させる」ためには、非常に大切な業務だと言えます。

外部リンクの効果を考える際の基本事項として、
「簡単に実現できるリンクの方が、効果が薄い」ということが言えます。
上記のような小手先のテクニックのリンクも一時的には効果が見込めるかもしれませんが、「他の人に実際に紹介してもらう」ということが外部リンクの王道となります。
そのためには、サイトの質を高め、他の人が紹介してくれるようなサイト作りをしなければなりません。

その方が、事業が長期的に強くなりますし、大きな収益にもつながってきます。

無料相談お申し込み

現在地:トップページSEO対策で上位表示したい本当に効果のあるリンクとは?