SEO対策の最新情報|何が正しいのか?

SEO対策で上位表示したい

外部リンク対策の落とし穴

SEO対策において、「内部対策」と合わせて、重要とされているのが「外部対策」です。
外部対策は、「外部リンク対策」とも言われており、文字通り他のホームページからリンクを張る作業のことです。
(内部対策に関しては、こちらのページに詳しく解説していますので、ご参照ください。)

この外部リンク対策ですが、見えない部分が多いため、悪徳業者が後を絶ちません。
当社も昔何度も騙され、数百万円を使った経験があります。

悪徳業者の手口としては、
「強力な外部リンクを数多く張りますので、すぐに上位に表示されます」というパターンです。上位表示されなく困っている販売者にとっては、すぐに効果が出そうなので、大変魅力的に映ります。

なお、このサービスを利用するとどういう結果になるかと言いますと、
「一時的に上位に表示されるが、その数日~数週間後には徐々に順位が低下し、最終的に検索に出てこなくなる」という状況になることが多いです。

このような悪徳業者に騙されないためにも、このページの情報をしっかりとお読み頂ければと思います。

さて、外部リンク対策で失敗しないためには、以下の2つのことを知っておくことが大切です。

1、「内部対策 > 外部リンク対策」
内部対策がきちんと行われていないサイトに、いくらリンクを張っても、上位を維持することは難しいでしょう。
その理由は色々とあるのですが、簡単に言いますと、「内容が充実していないホームページを、検索の上位に出してもお客様の役に立たない」というGoogleの方針だからです。
ですから、「外部リンク対策だけで簡単に上位表示が出来ます」ということ自体が、そもそも怪しいということになります。
SEO対策を始める場合、外部リンク対策よりも、まずは内部をしっかりと固めることが先決されます。

2、「リンクは量よりも質」
リンクは量よりも質が優先されますので、リンク元のサイトはしっかりと管理する必要があります。
前述のように、外部リンクの量を売りにしているSEO会社がありますが、これは非常に危険です。
質の悪いリンクを張ってしまいますと、逆にマイナスになってしまうからです。

ひどいものになれば、中国のブログから大量にリンクが張られていたり、ソフトで作った文章で作成したホームページから大量にリンクが張られていたりします。
このようなことをしてしまいますと、検索エンジンからは「不正行為をしているホームページ」と見られてしまい、今後一切、何をしても上位表示出来なくなってしまう危険性があります。

これらをまとめますと、
「冒頭に紹介したような安易な話を鵜呑みにしてはならない」ということを理解していただけるかと思います。
上記のポイントをしっかりとおさえて頂き、危険な外部リンクは絶対に買わないようにしなければなりません。

無料相談お申し込み

現在地:トップページSEO対策で上位表示したい外部リンク対策の落とし穴