PPC広告で成果を出したい

PPC広告で成果を出したい

隠された、「無駄なクリック」

PPC広告(リスティング広告)を使っているうちに、実は「無駄なクリックが発生し、お金を取られてしまっている」ということがあります。
そして、その主な原因として、「商品を購入する可能性のない、無駄なお客様がクリックしてしまう」ということがあります。
ですから、このようなお客様にクリックされるのを防ぐだけでも、PPC広告の費用対効果は大幅に上がります。

1件でも多くのアクセスを集めたいという気持ちは非常によく分かるのですが、
購入する可能性が低いお客様を集めても、無駄なコストにつながってしまいます。

例えば、当社の自社通販である大阪人体模型センターの場合、「人体模型」というキーワードに対して広告を配信する場合、
「安心して買える、人体模型の通販」というタイトルで広告を出稿しています。
このフレーズを見てクリックする人は、「通販サイトである」ということを理解したうえでアクセスしてきますので、無駄なお金を支払う必要がありません。

これに対して、「人体模型」というキーワードに対して、
「人体模型のことならこのサイト」というタイトルで広告を出稿した場合、確かにクリックされる確率が高くなると思います。
しかし、この場合は、「ただ相談をしたい人」や「人体模型の写真を見たいだけの人」がアクセスしてくる結果になりますので、同時に無駄なアクセスが増えてしまいます。

自然検索の上位に表示するSEO対策の場合であれば、できるだけ多くのアクセスを集めるために、少しでも多くのアクセスを呼び込む方が良いです。
しかし、PPC広告の場合は、「購入する見込みの高いお客様だけにクリックしてもらう」ということを心がけ、無駄な広告費を払わないことが大切です。

「ついついお客様を幅広く集めてしまう」というのは、購入する可能性の無いお客様からのクリックにつながり、結果的にPPC広告の見えない出費を招いてしまいます。
ですから、「本当に購入する可能性のあるお客様だけに届くメッセージ」を配信することが、広告の費用対効果を高めるために非常に大切です。

無料相談お申し込み

現在地:トップページPPC広告で成果を出したい隠された、「無駄なクリック」