PPC広告で成果を出したい

PPC広告で成果を出したい

正しいCPOの測定方法

PPC広告を配信する際には、「1人あたりのお客様を獲得するためのコスト」を計測する必要があります。
これを、CPO(Cost Per Order)と言い、インターネット広告では非常に重要な数値です。

CPOを測定することが非常に大切であることを理解していただきやすいよう、具体例をお話しましょう。

例えば、商品を1個販売して10,000円の利益が得られるとします。
この商品を販売するために、3,000円の広告費が必要である場合、1個を販売するごとに7,000円の利益が出る計算になります。
この場合、利益を計算できるのは、「1件の注文あたり3,000円の広告費が必要」とわかっているからで、もし「1件の注文を取るためにいくら必要なのかがわからない」ということでしたら、収支の状況を判断することができません。
ですから、CPOを正確に計測することにより、その事業で収益が上がっているかどうかを確実に判断することができるわけです。

この、CPOを測定する際には、コンバージョンタグを挿入する必要があります。
商品や問い合わせが終了した後に表示される「ご購入ありがとうございました」という画面に、コンバージョンタグを設置することで、「どのキーワードから何件の成約が得られたか?」というデータを計測することが出来ます。
そして、「広告費」を「成約件数」で割ることで、CPOが測定できます。
たとえば、30,000円の広告費をかけて10件の注文(成約)があったのなら、
30,000円÷10件=CPO 3,000円という計算になります。

ただし、ここで計測されるCPOは100%正確な数値ではありません。
具体的には、以下の2点が測定されない分、CPOは高く計測される可能性があります。

1、最後に違う端末から商品名で検索する
例えば会社であなたの広告を見たお客様がその時に購入せず、後日自宅のパソコンで商品名や会社名であなたの商品を検索し、購入した場合は、コンバージョンカウンターが作動しません。
(すぐに購入せず、同じパソコンで後ほど商品名や会社名で検索した場合は、クッキーという機能が働き、コンバージョンカウンターが作動します。)
また、別の人が頼まれて購入した場合も、成約としてカウントされません。
ですから、その分成約数が少なくカウントされます。

2、電話注文
お客様によっては、電話でご注文をされる方もおられます。
このような方はコンバージョンとして計測されません。
結果的に、成約数は少なく検索される結果となります。

このような2つの理由により、PPC広告の管理画面上で計測されているCPOは、実際のCPOより高く計測されています。
(成約数が少なくカウントされますので、CPOが高くなります。)

ですから、もし電話注文の比率があまりにも多かったり、コンバージョンカウンターの数値と実際のお客様の数に解離がある場合は、上記のような原因を考慮し、CPOを補正する必要があります。
(例えばパソコンからの注文が月間9件に対して、電話注文が月間18件の場合は、実際のCPOの数値は3分の1になります。)

以上が、「CPOの正しい測定方法」の概要です。
CPOを正確に把握することは、収支をしっかりとコントロールできるだけではなく、「どのように事業を改良すればよいのか?」を知ることにもつながります。
ぜひ、このページでご紹介させていただいた方法を実践してみて下さい。

無料相談お申し込み

現在地:トップページPPC広告で成果を出したい正しいCPOの測定方法