PPC広告で成果を出したい

PPC広告で成果を出したい

フレーズ一致の活用

PPC広告(リスティング広告)の検索広告を設定する際には、3つのキーワードの設定方法があります。
「部分一致」「フレーズ一致」「完全一致」の3種類で、それぞれを上手く使い分けることが非常に重要です。

この中でも、「フレーズ一致」は非常に使い勝手がよく、効果的な配信スタイルです。
そこで、このページではフレーズ一致の使い方や設定方法についてご紹介させて頂きます。

フレーズ一致とは、「指定した言葉を含むキーワードに対してPPC広告を配信する」という設定方法です。
例えば、当社の自社通販の大阪人体模型センターの場合であれば、「人体模型」というキーワードをフレーズ一致で設定しています。
その結果、「人体模型 通販」「人体模型 販売」「人体模型 格安」などの、
「人体模型 + ○○○」というキーワードに自動的に配信されます。
ですから、複合キーワードに対しても取りこぼしがなく、大きな売り上げを上げるのに貢献します。
実際に検索して見て頂ければ、広告が配信されているのを確認して頂けるかと思います。
(ただし「人体模型 心臓」「人体模型 脳」などは、人体模型を含むキーワードですが広告を配信していません。その理由はこちらのページに公開していますので、よかったら参考にして下さい。)

またフレーズ一致は「無駄なキーワードに広告が配信されない」というメリットがあります。
例えば、「人体模型」というキーワードを設定した場合、部分一致なら「動物模型」や「脳模型」というキーワードにも広告が配信される可能性があります。
これは「システムが関連性があると判断する」ことが理由なのですが、無駄なキーワードに配信された結果、無駄なコストがかかってしまうリスクがあります。

このように「自分が求めているお客様にピンポイントでリーチする」というのが、フレーズ一致の優れている点です。

設定方法は簡単です。PPC広告の配信会社ごとに異なるのですが・・・
Yahooリスティング広告の場合であれば、キーワードを入れる際に、「フレーズ一致」を選択すれば設定されます。
また、Googleアドワーズの場合であれば、“キーワード”というように設定すれば、自動的にフレーズ一致になります。

部分一致のみしか広告設定を行っていない方にとって、フレーズ一致を導入することは無駄な広告費の節約になりますので、収益に直結します。
非常に使い勝手のよい広告設定ですので、ぜひ試してみて下さい。

無料相談お申し込み

現在地:トップページPPC広告で成果を出したいフレーズ一致の活用