PPC広告で成果を出したい

PPC広告で成果を出したい

効果的な説明文

PPC広告(リスティング広告)の説明文は、タイトルの下に黒い文字で表示される部分で38文字まで入力できます。
説明文はタイトルと同様、広告の反応率を決定する非常に大切な要素です。
(タイトルの付け方に関する詳細を紹介した記事はこちら

さて、「タイトルが15文字に対して、説明文は38文字」と非常に長いのですが、この38文字をどのように使いこなせば良いのでしょうか?
このページでは、「PPC広告の説明文の決め方」についてお話させて頂きたいと思います。

説明文を考える際に知っておいて頂きたいのが、「PPC広告をクリックするまでの視線の流れの2つのパターン」です。

1つ目のパターンは「タイトルだけを見て直感でクリックする」というパターンです。
2つ目のパターンは「タイトルを見て興味を持った後に、説明文を読んでクリックするかどうかを決める」というパターンです。
1つ目のパターンのお客様は説明文を読みませんので、工夫したところで変わりません。ですから、説明文は2つ目のパターンのお客さまに対して効果を発揮します。

上記の事実を踏まえ、まず言えるのは、「タイトルに書かれているようなことは、説明文でもう一度説明する必要が無い」ということが分かります。
タイトルで書かれていることを、言い換えたような説明文は無駄になってしまいます。

それでは、具体的にどのような内容にすれば良いかと言いますと、
「ホームページの中で書かれている商品やサービスの特徴の中で、お客様の判断基準となるような点を手短に説明する」ということを目的にするとよいでしょう。

当社の自社通販である、大阪人体模型センターを例にとって解説させて頂きます。
タイトルは「安心して買える、人体模型の通販」となっています。
ですから、これと同じような内容である「人体模型の通販であること」は説明文で伝える必要はありません。

そのうえで、当社のホームページの中でお客様が購入の判断基準となるような特徴は、
1、商品説明が分かりやすい
2、返品OK
3、プロが実際に使用し、推薦している
4、マスコミにも多数掲載されている
5、値段がリーズナブル

の5点になります。

このなかでも、2の返品OKという箇所は、上記のタイトルの内容である「安心して購入できる」というコンセプトと若干重なっていますので、
1、3、4、5を説明文にいれると効果的です。
ただし、3,4は「信頼できる」という点に関しては同じことを言っていますので、両方を入れる必要はありません。
つまり、「1+3+5」というパターンか、「1+4+5」というパターンの説明文が望ましいです。

これらから判断して、
当社の場合は、
「分かりやすい商品説明と、充実の保証。プロも推薦する人体模型が格安!」
という説明文に設定しています。

このように、戦略的に説明文を作りこんでいくことで、広告の費用対効果が劇的にあがります。

「自分の場合、PPC広告の説明文をどうしたら良いのか?」ということに関してどうしてもご不安な方は、無料相談にお申し込み頂いたら、適切なフレーズをアドバイスさせて頂きます。
お気軽にご活用下さい。

無料相談お申し込み

現在地:トップページPPC広告で成果を出したい効果的な説明文