PPC広告で成果を出したい

PPC広告で成果を出したい

どんな業種と相性が良いのか?

当社は自社で数々の通販サイトを運営していますが、その中でもリスティング広告を用いている事業、用いていない事業があります。
(当社が実際に運営している通販サイトの詳細は・・・こちら

そして、実際にリスティング広告を活用しても、上手くいかなかったこともあります。
「リスティング広告を活用して、成功する事業、失敗する事業」・・・その違いはどこにあるのでしょうか?

このページでは、「リスティング広告を活用して成功しやすい事業」というテーマでお話させて頂きたいと思います。

リスティング広告を活用して上手くいくのは、以下のような特徴がある事業です。

1、お客様が商品や探すキーワードが存在している
当社ではリフティングマグネットという商品を販売しています。この商品は非常に限られた業界の人しか活用しないものですが、実際にはインターネットで売れています。

「リフティングマグネット本舗」
URL:http://www.mfc-shop.com/lifMag.html

この商品がリスティング広告で売れているのは、その商品が良いことも大きいのですが、その前段階として、「リフティングマグネット」という単語で、お客様が探せるからです。
逆に名前が付いていないような商品やサービスを販売するのは、結構難しいです。

2、単価が高い、もしくはリピート商材
リスティング広告は、クリックされるたびに費用が発生する広告です。
(リスティング広告の価格については、こちらのページをご参照下さい。)
そして、どんなに優れた商品であったとしても、「クリックした人の2%前後しか購入しない」というデータが存在しています。

ですから、仮に「1クリック50円」としても、1人のお客様を獲得するためには、2500円のコストが必要です。
つまり、あまりにも粗利が少ない場合(たとえば3000円の商品を5000円で売っているなど)は、リスティング広告のコストが合いません。

リスティング広告を活用して採算をとるためには、最低でも粗利で5000円くらいは必要になります。
また、粗利が少ない場合は、リピート商材であることが必要です。

3、競合が過激ではない
また、上記の1,2の条件を満たしていたとしても、競合があまりにも過激な市場は、「1クリックあたりの単価」が高騰しています。
たとえば「薬剤師 求人」というキーワードであれば、「1クリック12,000円」という状況になっています。
さすがに、このような状況であれば、採算をとるのが難しくなります。

競合が過激な市場の場合は、他の会社が広告を出していないキーワードを探して広告を出していく必要があります。
(たとえば、上記の「薬剤師 求人」の事業であれば、「〇〇〇病院 薬剤師 求人」や「在宅 薬剤師 求人 豊中市」などの、より絞りこんだキーワードを狙っていく必要があります。)


以上、リスティング広告を活用して成功する3つの条件についてご紹介させて頂きました。
これらの条件を満たすなら、勝算があると思われます。

「実際に自分の場合は、どのようにリスティング広告を活用すれば良いのだろうか?」
「自社の商品の場合は、リスティング広告を活用できるのか?」

という悩みをお持ちの方は、ご相談下さい。
自社の通信販売で年間2000万円のリスティング広告を用い、収益を上げているノウハウを元に、適確なアドバイスをさせて頂きます。

現在地:トップページPPC広告で成果を出したいどんな業種と相性が良いのか?