PPC広告で成果を出したい

PPC広告で成果を出したい

「広告の成果を改善します・・・」は、本当か?

当社では自社で通販を運営しているということもあり、「リスティング広告の成果を改善します!」というテレアポが週に1回くらいかかってきます。
(・・・当社の自社の通販サイトは、こちら

テレアポの手口として多いのは、
「御社のリスティング広告を拝見させて頂き、改善できる要素が見つかりました。具体的なご提案をお送りさせて頂きたいので、担当者を教えてほしい」という内容です。
このようなテレアポが有ったときには、私が電話を代わるようにしています。

そして、電話口で、
「実際にどのようなキーワードのリスティング広告を改善出来て、具体的にはどうすれば良いのか?」と聞いてみます。
すると、抽象的な回答が返ってきます。

「品質スコアをもう少し高める必要がある」とか「キーワードを出稿するキーワードを見直すべきだ」など・・・あまり的を得ない回答が返ってきた後、さらに突っ込んで聞くと、「詳細に関しては、専門の技術者から連絡をいたします」と回答します。

おそらく、テレアポ業者がアウトバウンド(外注)で電話をかけているのだと思いますが、私はこのような姿勢が嫌いです。
このような電話に引っかかるのは、「リスティング広告に対して不安を持っている人」ですから、営業トークとしては非常に効率が良いと思います。
しかし、何か不誠実な印象を抱きますし、「改善事項が見つかった」という話をしてくるので、ちょっと恐怖感を煽るような内容になっていますので、「ちょっとな・・・」と感じています。

さて、「リスティング広告を改善」するということですが、実は外部から見てすぐに改善事項は分かりません。
なぜなら、今の時代(この記事を書いているのは、2014年5月12日です)一番効率が良い改善事項は、「スマホ配信への単価調整」だからです。
(これは、管理画面の内側を見てみないと分かりません。)

昨年の7月より、「エンハンストキャンペーン」というものが適応されまして、パソコンへ広告を配信していると、自動的にスマホにも広告が配信されるという内容です。
これを知らないまま広告を配信していると、「パソコンと同様に、スマホにも広告が配信される」という結果になります。

つまり、パソコンに1クリック100円で出していると、同じクリック単価でスマホにも配信されるという内容です。
スマホのサイトを持っておられる方ならまだ良いですが、PCのサイトしか持っていないのに、同じ入札単価でスマホにもリスティング広告を出すというのは、結構危険です。

「スマホの小さな画面からパソコンのホームページを見る」ということになりますので、成約率は大きく落ちる可能性があります。
また、スマホ専用のページを持っていたとしても、業種によって「パソコンが成約しやすい」「スマホが成約しやすい」など・・・有りますので、この点に関しては調整が必要です。

この他にも、「キーワードのマッチタイプの設定」や「除外キーワード」、「配信地域の詳細設定」など・・・リスティング広告では様々な改善事項があります。
「きちんと地域を設定していると思っていても、実は県外の方にも出ていた」というパターンもありますから、注意が必要です。

もしご自身のリスティング広告の内容に関して、「徹底的にその成果を改善したい」という方はぜひご相談下さい。
自社の数々の通信販売で成功しているノウハウを元に、適確なアドバイスをさせて頂きます。

現在地:トップページPPC広告で成果を出したい「広告の成果を改善します・・・」は、本当か?