PPC広告で成果を出したい

PPC広告で成果を出したい

初心者に解説!リスティング広告の仕組みとは?

初心者がホームページでの集客に成功するためには、

1、ホームページを制作する
2、そのホームページをお客様に見てもらう


という2つのステップが必要です。
そして、2の過程を実現するためには、「SEO対策を用いて検索の上位に出す」か、「リスティング広告を使う」の2種類の方法しかありません。

多くの方はSEO対策から取りかかろうとするのですが、実はリスティング広告の方が難易度が低いです。
そこで、このページでは初心者の方にも分かりやすく、「リスティング広告の仕組み」についてお話させて頂きたいと思います。

リスティング広告というのは、お客様が検索したときに、その検索結果の上側と右側に表示される広告です。
(スポンサーサイトという部分です。)

たとえば、当社の自社通販である、「40歳からのローヤルゼリー」の場合・・・
「ローヤルゼリー」と検索した画面に、下のような広告を出しています。

ローヤルゼリー 広告

実際に検索して頂くと分かりやすいかと思いますが、検索画面の上部または左側に、左の画像のような広告が出ます。
お客様がこの広告をクリックするたびに、料金が発生します。


さて、ここから先が、リスティング広告の仕組みに関して非常に重要なポイントなのですが・・・
リスティング広告の表示される順番は、基本的に「お金をたくさん払っている人」から順に、上位に出てきます。

つまり、
「A社 300円、B社 350円、C社 250円」という状況であれば、
上からB社、A社、C社という順に広告が表示されます。

ただし、これは「基本的に・・・」であり、実際はこんな単純なものではありません。
実は、「誰の広告が上位に出るか」を決定する要因は、もうひとつあります。

それは、「どの広告がよくクリックされているか?」という点です。
つまり、一番高く入札しているB社よりも、C社の広告の方がクリックされていれば、その掲載順位が逆転する可能性があります。

ですから、リスティング広告を出す際には、「自社の広告がどの程度クリックされているか?」という点も考慮に入れ、その文章を考えていく必要があるのです。

以上、リスティング広告の仕組みについて簡単にお話させて頂きました。
基本的には「1クリックいくら払うか?」と「広告がどの程度クリックされているのか?」ということが、その仕組みの最も基本になっています。

もちろんこれは基本中の基本であり、実際には「クリックした後の成約率」なども考慮しながら運用していく必要がありますので、大きな成果を出すためには、深い経験に基づくノウハウが必要です。

当社では、年間2000万円以上の広告費をリスティング広告に使い、自社の通販を運営しています。
そのノウハウをもとに、お客様の広告の運用代行やアドバイスを行わせて頂いております。

「これからリスティング広告を使って集客したいけど、どうすれば分からない方」や、「プロの運用方法により大きな成果を上げたい方」は、まずは無料相談を受けて頂くことができますので、ぜひ当社までご相談下さい。

現在地:トップページPPC広告で成果を出したい初心者に解説!リスティング広告の仕組みとは?