PPC広告で成果を出したい

PPC広告で成果を出したい

リスティング広告の費用はどれくらい?

当社ではリスティング広告の運用を代行するサービスも行っていますが、リスティング広告をオススメした際に、「リスティング広告の費用はどのくらいかかるのですか?」というご質問を頂くことが多いです。

そこで、このページでは初心者の方向きに、「リスティング広告の費用の仕組み」に関してお話させて頂きたいと思います。

リスティング広告はPPC広告とも言われており、Pay Per Click広告の略です。
これを日本語に訳すと、「クリックされるたびに支払いをする」ということになります。

当社の自社通販である、「40歳からのローヤルゼリー」を例に、説明させて頂きます。

「40歳からのローヤルゼリー」
URL http://www.royal40.com

40歳からのローヤルゼリーは、「ローヤルゼリー」というキーワードに対してリスティング広告を出しています。
yahooでもGoogleでも広告を出していますので、試しに「ローヤルゼリー」というキーワードで検索してみて下さい。

ローヤルゼリー 広告

そうすると、検索結果の上部または、右側に左の画像のような広告が出てきます。
これは、「ローヤルゼリー」というキーワードで検索されたときに、広告が出てくるように設定しているので、その結果として出ています。



そして、検索をしたお客様が、当社の広告をクリックしたときに、初めて費用が発生します。
(逆に、クリックされなければ費用は発生しません。)

それでは、「クリックされたときにいくら必要なのか?」ということですが、これは自分で決めることができます。
ただし、高く払っている人から順に、上に表示されますから、市場の競合状況によってその値段は変わってきます。

たとえば当社のローヤルゼリーの場合ですが・・・
ローヤルゼリーというのは、非常に競合の激しい市場ですから、当社の場合は1クリック250円で設定しています。
そのため、1回広告をクリックされると、最大250円の費用が課金されます。

さて、ここまでリスティング広告の費用の仕組みについてお話させて頂きました。
1クリックごとの費用は市場によって異なりますが、最も重要なことは「そのデータを計測する」ということです。

たとえば、「注文を1件とるのに、3000円必要だ」とか、
「30000円の広告費を使って、無料相談の問い合わせが5件来た」など・・・
「どのくらいの広告費を使えば、どれだけのお客様が来るのか?」ということを理解しておくことです。
これによって、広告に正確な投資を行っていくことができます。

採算の取れる広告であれば、広告費を増やせばよいですし、逆に採算の取れない広告はカットすべきです。
実際のデータを把握することで、リスティング広告にかけた費用を最大限に生かすことができます。
綿密なデータ計測を行うことが、大きな成果へとつながっていくことになります。

無料相談お申し込み

現在地:トップページPPC広告で成果を出したいリスティング広告の費用はどれくらい?