ネットショップの集客の際に、最も重要なこと

業種ごとの集客のポイント

激戦地区のネットショップ・・・生き抜くためには?

こちらのページでは、ネットショップの集客のコツについてご紹介させて頂きます。
ネットショップ通販は、集客が最も難しい業界の1つです。
なぜなら、「全国からの全ての店が、集まってくる」からです。
そのため、集客に成功するためには、「他社との比較の前提のうえで、どうすれば選んでもらえるか?」ということを徹底的に考え抜く必要があります。

「自社のオリジナル商品を販売する場合」と「他社の商品を仕入れて販売する場合」で、ネットショップの集客の戦略は大きく異なってきます。
それぞれについて、解説しましょう。


1、自社のオリジナル商品の場合
ネットショップで成功するためには、「自社のオリジナル商品」であることは、大きな強みにつながります。
なぜなら、「価格競争に陥らなくてすむ」からです。
オリジナル商品で集客する際に注意すべきことは、「その商品を販売する市場の成熟度」です。

商品をPRする際には、その商品の市場が「導入期」「成長期」「成熟期」「衰退期」の4つのステージのうち、いずれに該当するかを考える必要があります。
これを「商品のライフサイクル」と言います。

全く新しい機能やスペックを持った商品であり、市場に同じような商品が存在しない場合は、その商品は「導入期」ということになります。
導入期の商品は、まだ市場において認知されていませんから、その商品について全く知らないことが前提になります。

たとえば、「携帯電話」を例にとって考えてみましょう。
今では「携帯電話」と言えば誰でも知っていますが、20年前の「導入期」には誰も知りませんでした。
そのような時期に携帯電話を販売するためには、「いつでも電話を出来る機械」という特徴を説明する必要があります。

ですから、「導入期」にある商品に関しては、その商品の特徴を分かりやすく紹介することが大切です。
「使用することでどんな良いことが起こるのか?」ということに焦点を当てた構成にしていく必要があります。

既に同じような競合他社の商品があり、それらの商品に改良を加えたものであれば、その商品は「成長期」または「成熟期」ということになります。
このタイプの商品は、「競合商品との優位性」を説明することが重要です。
「他社の商品と比較して何が改善されているのか?」ということを説明することになるのですが、その際には「改善されている機能は、お客さまにどんなメリットがあるのか?」についても必ず触れる必要があります。

例えば、「遠赤外線のホットプレート」の場合であれば、「遠赤外線を導入!」というだけではなく、「遠赤外線でじっくりと内部まで加熱しますので、素材のうまみを逃さず、じゅわっ~とした食感に仕上がります」と伝えなければ、お客様は商品の良さを理解できません。

衰退期というのは、その商品の市場が終了していくときのことを言います。
衰退期にある商品は、価格が崩壊していき、誰ももうからなくなってしまいます。
たとえば、普通のホットプレートやCDプレイヤーなどは、衰退期の商品にあたります。
(市場は中国製の安い商品に置き換わっています。)

このような商品に手を出すこととビジネスが失敗しますので、衰退期にある商品を取り扱う際には、新しいコンセプトを考えていくことが大切です。

2、他社の商品を仕入れて販売する場合
この場合は、「全く同じ商品がネット上で販売されているかどうか?」と「メーカー、商品名や型番が簡単に検索できるか?」の2点が非常に重要になってきます。

もし全く同じ商品がネット上に出ていないのなら、「自社のオリジナル商品」の場合と同様にPRしていけばよいでしょう。
全く同じ商品がネット上に出ていても、メーカーや商品名、型番で容易に検索できない場合はお客様が比較しにくい状況にあると言えます。この場合も、「自社のオリジナル商品」の場合と同様にPRすればよいです。

しかし、「メーカーや商品名、型番」などが簡単に検索される場合は、価格競争になってしまうので、収益を上げるのが難しくなります。
なぜなら、ネットでは簡単に価格の比較が可能だからです。
そのため、普通に販売していたのでは、お客様は安い方に流れて行ってしまいます。
ですから、「おまけを付ける」「保証を付ける」「セット販売」「サポートを充実させる」など、「お客様から魅力的に見える方法」を考え、自社を選んで頂く努力をしなければなりません。
「自分だったらどこから購入するか?」ということを常に念頭に入れ、付加価値を作り出していくことが重要です。


以上、ネットショップの集客方法に関してお話させて頂きました。
ネットショップは誰でも気軽に開業でき、参入障壁が低い分、ライバルも全国規模となり、市場は激化しています。
つまり、ネットショップでの販売は、「全国のショップがとなり同士にあり、お客様はいつでも比較できる」という状況を忘れてはいけません。
「自分がお客さまであれば、どこから書いたいか?」・・・という、「お客様から見てどのように映るか?」ということを徹底的に考え抜くことが、成功のコツになります。


また、ネットショップで成功するためには、「自分のホームページにアクセスを呼び込む」ということが必須になってきます。
ネットショップの場合は、「リスティング広告」を用いるのが、最も効率よく、しかも素早く集客することが出来ます。
SEO対策に力を入れるのも良いですが、ネットショップの集客の場では、SEO対策よりもリスティング広告の方がはるかに強力です。

ただし、健康食品の場合は薬事法の制限がありますので、リスティング広告を出しづらいことがあります。
Googleの広告の場合は、比較的審査に通過しやすいですが、Yahooリスティング広告の審査は厳しいですから、広告を出せないこともあります。
また、開運グッズやスピリチュアル系の商材に関しても、その審査が厳しいこともあります。
(リスティング広告の審査に関しての情報は・・・こちらのページをご参考下さい。)

このような商材をPRする際には、「ロングテールSEO対策」が活躍します。
各ページの記事をしっかりと作成し、本当に強いサイトを作りこむことで、集客を実践していく必要があります。
(ロングテールSEO対策を用いてサイトを強化する具体的な手法は、当社の記事作成オンラインのページでご紹介していますので、ご参照下さい。)


当社ではネット通販を9サイト運営し、8年間で3万人以上を集客してまいりました。
もしあなたが、以下のような悩みをお持ちなのであれば、私達が力にならせて頂きます。
(当社が実際に運営しているネットショップはこちら

「良い商品なのに、どうしても売れない」
「ネット以外では売れてきたけど、ネットでどうやって売って良いか分からない」
「今までは売れていたけど、ここ数年徐々に売れなくなってきた」

など・・・このような状況の方は、ぜひ当社にご相談下さい。

当社では、実際にクライアントさんが来るまでは、1円もかかりません。
(完全成果報酬での集客代行サービスの詳細は・・・こちらのページをご参照下さい。)

また、すでにホームページを運営されておられる方は、実際に集客を成功するための最短距離をアドバイスさせて頂きます。
初回は無料でご相談頂けますので、ご興味のある方はお問い合わせ下さい。
(TEL 0120-24-1301 受付平日9時~18時)

ネットショップの集客に関して、多くの方の疑問にお答えします!

楽天などに出すと、売れるのですか?

もともと売れなかった商品が、楽天に出して突然売れるようになるというわけではありません。
「自社のホームページである程度売れていたものが、楽天に出したことをきっかけに売れる」ようになるということはあります。
当社でも楽天に出店しています。売り上げの2割程度が楽天などのネットショップ経由のものですが、それらの商品は実際に自社のサイトでも売れているものです。
楽天の中にはレビューを付けることが出来るシステムがあり、また、売れれば売れるほど検索の順位が上昇する仕組みになっていますので、ある程度軌道に乗り出すと、急激に売れ始めることはあります。

ただし、楽天などのショッピングモールでは激しい価格競争が存在していますから、販売価格に関してはある程度安くなってしまうリスクもあります。お客様もネットショップの利用に慣れている人ばかりですので、価格面に関してもシビアなことが多いです。
この点に関しては、十分に理解しておく必要があります。

ネットショップの利益率は、どの程度必要ですか?

ネットショップを運営していくうえで重要なのは、利益率よりも利益額です。
どんなに甘い市場においても、お客様を獲得するためには1000円以上の広告費が必要です。
(SEO対策を用いて集客すれば、広告費が少なくてもすむ可能性もありますが、順位変動が売り上げに直結しますので、収益が見えない部分があります。)

ですから、1件の受注で、最低でも1000円以上の利益を出す必要があります。
これはあくまでも最低ラインであり、一般的には1件の受注で5000円以上の利益を出さなければ、運営は赤字になると思います。
そのためには、1万円以上の高額の商材を取り扱ったり、リピート性のある商品である必要があります。

しかし、他にも同じような商品を取り扱っているネットショップがある場合は、どうしても利益率が低くなってしまいます。
このような場合は、商品の見せ方を工夫したり、ターゲットを絞るなどの工夫が必要になってきます。

「ヤフオクで儲かる」というのは本当ですか?

書籍などで、「ヤフオクで転売すれば儲かる」という内容を読みますが、実際に儲かりそうな印象は受けません。
そのような本を出版している方に限って、自分でヤフオクを運営していなかったり、情報商材で儲けているパターンが多いです。
(実際に、私も一度詐欺にあって、20万円を損したことがあります。)

よくあるのは、「ebay」や「タオバオ」などの海外サイトから輸入して、それを転売するという手法ですが、実際には儲けるのが難しいでしょう。
なぜなら、ライバルが多すぎるからです。「ヤフオクで転売して儲けたい」と、商品を血まなこになって探している在宅の人は非常に多いです。みんな自分の利益を削って、安く商品を出品していますから、よほどの特技がないと、その中で儲けを出すことは難しいです。

もしヤフオクで儲けたいのであれば、ご自身が得意とするジャンルの商品を取り扱うことをオススメします。
その方がライバルが少ないですし、お客様の立場に立って商品を見つけることができますので、「付加価値」を作り出すのが容易になります。

ネットショップの成功例を教えて下さい

当社では数々のネットショップの成功例を有しております。
自社の通販だけではなく、地域の名産品の通販や武道具のネット通販、工業機器の販売など・・・様々な領域での成功例があります。

ネットショップで成功するための最大のポイントは、「どうすればお客様に自社を選んでもらうことが出来るのか?」ということを考え抜くことです。
ネットショップの世界では、お客様が自社と競合他社を簡単に比較することができます。
そのため、「他社と明確な差別化がされている」か、「他社と比べて明らかに信頼性が高い」という状況でないと、お客様に選んで頂くのは難しいでしょう。
ネットショップを運営する際には、常にこの2つの状況を考えておく必要があります。

ネットショップで失敗する人は、何が原因ですか?

ネットショップで失敗する最大の原因は2つあります。

1つ目の原因は、「商品に特徴が無い」という原因です。
商品に特徴が無い場合は、価格で売るしかありませんから、結局全然儲からないという結果につながります。

2つ目の原因は、「取り扱っている商品ラインナップが安すぎる」という原因です。
ネットショップを運営していくためには、広告費が必要になります。
1人のお客様に購入してもらうためには、最低でも1000円~2000円の広告費が必要ですから、ある程度の商品単価が無いと、ネットショップが成り立ちません。

ネットショップ運営に失敗しないためにも、まずはこの2点に関してしっかりと確認しておきましょう。

以上、ネットショップの集客に関してよくある質問にお答えさせて頂きました。
もしネットショップの運営が上手くいっておられなかったり、これからネットショップを立ち上げて販路開拓を行っていきたいという状況でしたら、当社までご相談下さい。
当社では、ネットショップの運営に関して、あらゆるノウハウを有しておりますので、最適なアドバイスを行わせて頂きます。

無料相談お申し込み

現在地:トップページ ≫ 業種ごとの集客のポイント ≫ 激戦地区のネットショップ・・・生き抜くためには?