成約率を上げたい|大阪集客代行センター

成約率を上げたい

無意味な、「利用者の声」

ホームページの中で、「利用者の声」は非常に重要な要素です。
「利用者の声」の無いホームページは、全く説得力が無いと言っても過言ではありません。
なぜなら、「人間は信用していない人の話を聞かない」からです。

さて、この利用者の声ですが、集め方と書き方を工夫する必要があります。
利用者の声を正しく活用することで、成約率が数倍変わってきます。

まず、「顔写真の無い、または顔写真が鮮明でない利用者の声は説得力が無い」ということを知る必要があります。
このような利用者の声は誰でもねつ造できますので、お客様に対して何の説得力も持ちません。
「秘密性の高い商材やサービスで、どうしても顔写真を出せない」という場合は、最低でも手書きのアンケートを掲載する必要があります。

次に知っておいて頂きたいのは、「利用者の声として必要な人数」です。
これは個人のお客様と法人のお客様の場合で異なってきます。
法人の場合であれば、その会社をきちんと紹介すれば2社~3社程度でも十分に説得力があります。その法人が特定できるからです。
これに対して、個人の場合は最低でも10名位は必要です。
なぜなら、個人の場合は、それが誰かが分からないからです。

最後に、「利用者の声の見せ方」です。
当社が販売しているサプリメントの「爽快生活」の利用者の声のページを見て頂ければ分かりやすいかと思いますが、
お客様が最も感動した部分や、他社との違いを語ってくれている部分を分かりやすく強調しなければなりません。
なぜなら、ホームページに来て下さった方は、全てを読まず、かいつまんでしか内容を把握しないからです。

このように、利用者の声は「ただ単に掲載すれば良い」というわけではありません。
ホームページでの集客は、1つ1つのパーツが非常に大切です。
「お客様から見て自分のホームページはどのように見えているのだろうか?」ということを常に考えながら制作を進めていくことが大切です。

無料相談お申し込み

現在地:トップページ成約率を上げたい無意味な、「利用者の声」