成約率を上げたい|大阪集客代行センター

成約率を上げたい

成約率の高いキーワードの発掘法

当社には、1日数件のご相談が寄せられますが、「成約率の高いキーワードをどうやって探せばよいですか?」という相談が最近増えてきました。
確かにキーワードによって成約率は大幅に変わってきますから、この点に関してしっかりと知っておくことが非常に重要です。

そこで、このページでは、「成約率の高いキーワードの出し方のポイント」をご紹介させて頂きます。

成約率の高いキーワードを探す際に、一般的な意見として、
「単体のキーワードは成約率が低く、アクションのある複合キーワードは成約率が高い」という話があります。

たとえば、「口臭を予防するためのサプリメント」を販売していたとします。
この場合であれば、「口臭」という単独のキーワードよりも、「口臭予防」や「口臭 消す」などの「目的のはっきりとしているキーワード」の方が成約率が高いということです。
ですから、多くの方が、このようなキーワードで自社のサイトを上位表示したいと考えています。

これは一見納得のいきそうな話なのですが、実践してみると、そんなことはありません。
商材にもよるのかもしれませんが、単独キーワードとあまり成約率に違いがないです。
昔はこの傾向が強かったのかもしれませんが、今の方は検索に慣れている影響もあって、必ずしも複合キーワードが成約率が高いとは言えなくなっています。

実は、今の時代では、「成約率が劇的に高いお宝キーワード」は、もう無いと思って頂いた方が無難です。
そして、キーワードに依存して考えるよりは、「提供しているサービスや、販売している商品とキーワードをマッチさせる」ということに注力することが非常に重要です。

具体的に例を示して解説させて頂きます。
たとえば、探偵のホームページであれば「探偵」というキーワードは成約率が高いです。
これに対して、「浮気調査」というキーワードで広告を出しても、成約率が低くなります。

また、便利屋のホームページであれば、「便利屋」というキーワードは成約率が高いです。
これに対して、「草刈り」というキーワードは成約率が低いです。

確かに浮気調査は探偵の業務の1つですし、草刈りも便利屋の業務の1つです。
ですから、「浮気調査」というキーワードで検索している方の中には、探偵に依頼する方もおられます。
また、「草刈り」というキーワードで検索している方の中には、便利屋に依頼する方もおられます。

しかし、「浮気調査」=「探偵」ではありませんし、「草刈り」=「便利屋」ではありません。

つまり、検索しているキーワードと、ホームページ上で提供しているサービスがズレてしまっています。
そのため、成約率が低くなってしまう可能性があります。

それでは、どのようにすればよいかと言いますと、
探偵の方の場合は、「浮気調査専用のホームページ」を作成し、「浮気調査」というキーワードに広告を出す必要があります。
また、便利屋の方は、「草刈り専用のホームページ」を作成し、「草刈り」というキーワードに広告を出す必要があります。

このように、1つずつのサービスごとにサイトを細分化していき、広告を出稿していく必要があります。
これにより、お客様の検索需要とマッチするPRが可能となり、成約率を大幅に上げることが可能となります。

多くの方がまだ取り組んでいない課題ですから、まだまだチャンスがあります。

無料相談お申し込み

現在地:トップページ成約率を上げたい成約率の高いキーワードの発掘法