成約率を上げたい|大阪集客代行センター

成約率を上げたい

売れるネットショップの共通点

通販関係の方から、「売れるネットショップを作るためには、どうすれば良いですか?」という質問をよく頂きます。
当社は自社でも30種類以上の通販を運営し、数多くのお客様の集客のアドバイスや代行を行っていますから、この質問にお答えするのは比較的容易です。

そこで、このページでは「売れるネットショップの共通点」という点に関して、ご紹介させていただきたいと思います。
売れるネットショップは、「最初に見たときの第一印象が賑やかな店」です。

どういうことかと言いますと、お客様を楽しませたり、店長の顔が出ていたり、たくさんのお客様の声が出ていたりと・・・「人の気配があるようなネットショップを作る」ということが、売れるネットショップ作りで最も重要です。

自分が購入する立場になっていることを思い出して頂くとイメージできるかと思いますが、誰も出ておらず、商品だけが並んでいるようなネットショップで買いたくないと思います。
ですから、これから初めてネットショップを作る方は、まずはこのような点を意識して下さい。

たとえば、トップページでも実績をご紹介させて頂いております、当社の自社通販である「大阪人体模型センター」のページでも、トップページに10人くらいの人が登場しています。
これだけの人が出ていると、賑わいが出てきて、安心感も出てきますので、売上に直結します。

ただし、ここで「賑わいのあるホームページを作ってください」と言っても、どうすれば良いかなかなかイメージしにくい方もおられるかと思います。
ですから、もう少し具体的にお話します。

人の気配ですが、大きく分けて3つに分かれます。

1、商品を実際に使用したお客様の写真
2、販売者、サービス提供者の写真
3、女性や子供、赤ちゃんなどの写真


上記の3つは若干役割が異なりますが・・・
今すぐにでも取り組めるのは2と3です。
女性や子供の写真が入っていると、安心できますので、購入しやすくなります。

もちろん売れるネットショップにしていくためには、商品選びやサイト内の文章の作り方、アクセスの集め方など・・・様々な要素が大切ですが、まずはここでご紹介した「多くの人の顔を出す」ということが手軽に実践できますので、試してみて頂ければと思います。

無料相談お申し込み

現在地:トップページ成約率を上げたい売れるネットショップの共通点