インターネット広告代理店との違いとは?

広告代理店との違い

大阪集客代行センターの「集客代行サービス」は通常の「インターネット広告代理店」と大きく異なります。
この違いについてお話させて頂きます。

広告代理店と当社の最大の違いは、費用の発生の仕方です。
広告代理店は、広告の反応率に関わらず、費用が発生します。
これに対して、当社では「お客様が来た時点」で成果報酬として費用が発生します。
お客様が来なければ、1円もお支払いいただく必要がございません。

ネットの広告代理店で多いのは、検索エンジンに連動して出てくる「PPC広告」の出稿を代行するというパターンです。
YahooやGoogleの広告の設定を代行し、代わりに配信してくれます。
代行配信の手数料は、20%前後が相場です。

ここで考えなければいけないことは、「広告代理店の収益源は、数多くの広告を多く出すことである」という点です。
ですから、出来るだけ多くの予算を組もうとしますし、継続して広告を配信することを推薦します。
実際に売れなくても、「多くの広告を出す」ということが目標なわけですから・・・。

もし「10万円の広告費をかけたら、30万円儲かる」ということがあらかじめ分かっているのなら、広告代理店を積極的に活用するのもオススメです。
しかし、全く集客の状況が分からない状況で、広告代理店に一任するのは非常に危険です。

これに対して、当社は「実際にお客様を集めないと、成果報酬を頂けない」という現実があります。
あなたのリスクを私たちが代わりに背負い、集客に必要な全ての投資を行います。
ですから、「お客様を集めるために全力で頑張らないと損をしてしまう」という状況なわけです。

なぜ私たちがリスクを冒してまで、「成果報酬」という形式をとっているかと言いますと・・・実際に集客できる自信があるからです。
私たちには通販で培ってきた爆発的な集客力がありますので、事業を成果報酬にしても、それで十分に採算がとれます。

ぜひ、一緒に事業を成功させる喜びを味わいましょう。

無料相談お申し込み

現在地:トップページ広告代理店との違い