初心者向き7つのコンテンツ

初心者向き7つのコンテンツ

ネットに向いている事業とは?

確かにネットは非常に強力な集客手段と言えますが、全ての事業がネットを導入することで上手くいくわけではありません。
ネットを導入しても、成功しにくい事業もあります。

そこで、このページではホームページでの集客を導入することで上手くいきやすい、「ネットと相性のよい事業」の特徴についてご紹介させて頂きます。
ネットと相性のよい事業として代表的なものは、以下のような特徴が挙げられます。

1、競合が弱い業界
一般的に競合の弱い業界はネットと相性が良いです。
「なぜ、お客様が来るのか?」のページでもご紹介させて頂きましたが、インターネットではお客様が各社を比較したうえで申し込みをします。
そのため、競争相手との比較に勝てばお客様を獲得できます。
競争相手があまりネットでの集客に力を入れていない業界としては、接骨院や美容室、税理士、製造業などが挙げられます。
まだまだホームページに力を入れている企業が少なく、これから参入しても十分に戦うことができます。

2、どこで売っているのか分からない商品
上記の1でご紹介させていただきましたように、ネットでの集客を成功させるうえで、直接の競合となるのは他社のホームページです。
しかし、通信販売においては、実は同じくらい大きな「隠れた競合」があります。

それは「実店舗」です。
ネットでは商品を見ることができませんし、触ることもできません。
また、すぐに商品を持って帰ることもできません。
さらに、送料が必要な場合もあります。
ですから、お客様が商品を購入する方法としては、ネットよりも実店舗の方がはるかに利用しやすいわけです。

実店舗ですぐに手に入るもの(例えばティッシュや野菜、お菓子など)は、基本的にネットで購入しません。
「どこで売っているか分からない、どうやって購入すればよいか分からない」からこそ、ネットで購入するわけです。

つまり、このような商品はネットでの集客と相性がよいと言えます。

3、単価が高い業界
ネットでお客様を集めるためには、広告費が必要になってきます。
そのため、1人のお客様と出会うために、少なくても1,000円以上の費用がかかります。
ですから、この広告費をまかなうためには、ある程度単価が高い必要があります。
単価が高いというのは、「1回で高額の取引になるか、お客様がリピート購入してくれる
商品」ということになります。

これらをまとめますと・・・
ネットに向いている事業は、

・競合が甘い業態
・どこで売っているのか分からない商品
・高額商品または、リピート商品


ということになります。

これらの条件を満たす商品やサービスであれば、ネット集客を導入することで、大きな成功につながる可能性があります。

NEXT
「この商品は、ネットで売れない」
これらの商品や、サービスはネットで売るのが難しいです。
あなたの場合は、当てはまりませんか?

無料相談お申し込み

現在地:トップページ初心者向き7つのコンテンツネットに向いている事業とは?