初心者向き7つのコンテンツ

初心者向き7つのコンテンツ

ネット集客特有の法律について

こちらのページではホームページを作成し、ネット集客を進めていくうえで大切な法律を2つご紹介させて頂きます。
「知らない間に法律を違反していた」では済まされませんので、ぜひチェックして下さい。
(これらの法律はネットショップなどの直接商品を販売する場合だけに適応されるわけではありません。商品以外のサービスやコンサルティングの場合でも、お金を頂く限りは適応されますので、注意して下さい。)

1、特定商取引法に基づく表示
通信販売や訪問販売、電話勧誘セールスなどは、経済産業省から「トラブルの起こりやすい業態」として認識されています。
ホームページを活用したネット広告は、このうち「通信販売」に該当します。

経済産業省のホームページを読むと非常に難しいことが書かれていますが、
まとめると、ホームページから集客を行う時には、以下のような点をホームページ上にしっかりと記載しておく必要があります。

・商品やサービスの販売価格
・料金の支払いの時期
・商品の引き渡し時期
・返品などに関する取り決め
・事業者情報(会社名、責任者、所在地、連絡先など)
これらをしっかりと記載されていないと法律違反になってしまいますので、注意して下さい。

2、著作権法
ホームページ上には様々なコンテンツを表記します。
お客様の欲しがっているコンテンツを発信し、情報提供することで、ホームページを読んで下さった方の役に立ち、信頼関係が出来上がります。
そのため、質の高いコンテンツを配信することで、結果的に成約につながっていきます。

このコンテンツですが、気軽に他のホームページからコピーペーストしてはいけません。
ネットの世界では簡単にコピーペーストが出来てしまいますので、「ちょっと抜粋する」ということが簡単に出来てしまいます。
そのため、他のサイトの内容をそのまま使用してしまう方がおられます。

他のサイトから抜粋し自分のコンテンツとして提供することは、「著作権法」に違反し、最悪の場合賠償責任を請求される可能性があります。
ですから、他のサイトのコンテンツを使用する場合は、
「その内容を読んだ上で自分の思ったことを記載する」ようにすると良いでしょう。
また、本当によいコンテンツで自分のサイトでも紹介したいと思った場合は、運営者の方に許可を取り、「○○○から引用」という形式で記載することをオススメします。

ホームページは誰からも見える媒体ですので、その分ネット集客の世界にはトラブルも多くなります。
「知らなかった」では済まされませんので、初心者の方でも、ここで紹介した2つを徹底したうえで、ネット集客を開始されることをオススメします。

NEXT
ネット集客はシンプルです。たった2つのステップだけで・・・
ネット集客は難しいものではありません。
「2つのこと」を実践すれば、商品やサービスを売ることができます。

無料相談お申し込み

現在地:トップページ初心者向き7つのコンテンツネット集客特有の法律について