ネット集客の基本

ネット集客の基本

売れても儲からない商品

初心者向きコンテンツでは、「ネットで売れない商品」についてご紹介させて頂きました。
しかし、「売れれば儲かる」というわけではありません。
ネットの商品には
1、売れない 2、売れても儲からない 3、売れて儲かる
という3種類の商品があります。
商品を販売する際に、「売れる、売れない」ということだけではなく、2の段階を知っていることで、成功率が大幅に上がります。
なぜなら、「採算性を取る」ということに意識が向くことで、より強いビジネスの構築が可能だからです。

さて、「売れても儲からない」という状況ですが、これは2つに分かれています。

1つ目は、「収益が広告費をまかなえない」という状況、つまり「利益 < 広告費」という状況です。
例えば原価2,000円の商品を4,000円で販売し、1個あたり利益が2,000円出るとします。
しかし、1個売るために必要な広告費が3,000円必要であったとします。
この場合は、1個売れるたびに、1,000円ずつ損をしていくことになります。
このパターンに陥るのは、「商品単価が安すぎること」「利益率が低すぎること」「広告費が高すぎること」などが原因になってきます。
なお、「広告費が高すぎる」のは、競合が激しい市場ということになります。

2つ目は、「収益が上がるけど、生活できるほどではない」という状況、つまり「利益は出ているけど非常に少ない」という状態です。
例えば1個売って5,000円儲かる商品で、1個売るために必要な広告費が2,000円とします。
この場合は1個で3,000円儲かります。
しかし、月に2個しか売れなければ月収6,000円ということになります。
副業とかでするのであれば良いでしょうが、事業としては非常に厳しいです。
この状態になってしまうのは、「市場が極端に小さすぎる」ことが原因です。

上記の2つをまとめますと、
「商品単価が安すぎる」「利益率が低すぎる」「競合が激しい」「市場が極端に小さすぎる」ような商品を扱った場合は、「たとえ商品が売れても儲からない」という非常に残念な状態になってしまいます。

ですから、あらかじめこれらの市場を避けるようにすることが重要です。

無料相談お申し込み

現在地:トップページネット集客の基本売れても儲からない商品