ネット集客の基本

ネット集客の基本

価格設定でやってはいけないこと

ネットでの集客を考える上で、価格設定は重要な要素になります。
そこで、このページでは売れる価格設定のポイントについて解説させて頂きます。

価格設定を考える上で、中小企業がやってはいけないことは、「大手企業と価格で競争する」ということです。
「お客様に安く、良い物を提供する」ということは商売を行う上で非常に重要なことです。
しかし、これは「とにかく値下げをしよう」という意味ではありません。
利益を減らし、値下げを実行することは非常に簡単です。しかし、値下げをした結果、「価格でしか判断しない」という質の悪いお客様が集まってしまいます。
その結果、ますます儲からなくなりますし、競合他社も価格競争をしてきますので、結局消耗してしまいます。

「お客様に安く、良い物を提供する」というのは、「非常に価値の高い物を、割安感のある価格で提供する」とも考えることができます。
中小企業の場合は、このように考えることで、「お客様から見て魅力的な商品を提供しながら、しかも利益を残せる」という理想的な状況になることが多いです。
具体的には市場で販売されている最安値の1.5倍前後が売れる価格設定の目安となりますので、このあたりを基準にされることをオススメします。

価格を高く設定すると、次には、「高くても買ってもらえるためにはどのようにすれば良いのか?」ということを考える必要があります。

そのためには、
「細分化した専門的な商品を提供する」
「魅力的な機能を付けた商品を提供する」
「おまけを付けたり、保証面やサポートを充実させる」
という、付加価値を付けることを考えなければなりません。

繰り返しになりますが、価格競争に巻き込まれることは、利益を圧迫するだけになります。
価格競争をする前に、
「どうすれば、お客様が魅力的に思ってくれるような価値を提供できるのか?」
「お客様は、商品にどのような付加価値を求めているのだろうか?」
「自分にしか提供できない価値は、どのようなものがあるのか?」

などをしっかりと考え、「魅力的な商品作り」をすることが大切です。

無料相談お申し込み

現在地:トップページネット集客の基本価格設定でやってはいけないこと