ネット集客の基本

ネット集客の基本

売れる文章の書き方

ホームページで商品を販売するためには、「売れる文章」を作成することが大切です。
「売れる文章」を作成することは非常に難しく、かなりの熟練が必要です。
非常に難しい技術なのですが、売れる文章をしっかりと書けるようになと、面白いように商品を販売することができます。
そこで、売れる文章を作成するための第一歩として、「売れる文章と売れない文章の違い」についてご紹介させて頂きます。

実は、売れる文章と売れない文章の違いは、たった1つしかありません。
それは・・・
「売れない文章=販売者の視点で書かれている」
「売れる文章=お客様の視点で書かれている」

という法則です。

例えば、「特許製法の牡蠣肉エキス」という商品を例に解説させて頂きます。

売れない文章
「高品質の牡蠣肉エキスを特別価格で販売します。特許の出願に5年間が必要でした。
秘伝の製法で製造した濃い牡蠣肉エキスを濃縮し、24時間以内に瓶に詰めました。広島産の牡蠣だけを選りすぐり、8時間かけて煮込んだエキスをご実感下さい!」

これは一見すごい文章に見えますが、実は売れない文章です。
なぜなら、「お客様にどのようなメリットがあるのか?ということが全く書かれていない」からです。

具体的には・・・
・特許の出願に5年間がかかったことは、お客様に直接のメリットになりません
・「秘伝の製法で製造することで、効果にどのような違いがあるのか?」が書かれていません。
・24時間以内に瓶に詰めることは、どれくらいすごいことなのかが書かれていません。
・広島産の原料を用いていることが、どんなメリットがあるのかが書かれていません。
・8時間かけて煮込むと、成分にどのような変化があるのかが書かれていません。

これを売れる文章に変えると、以下のようになります。

売れる文章
「体感に直結する牡蠣肉エキスを、お求めやすい価格でお買い求め頂くことができます。
吸収率を35%アップする特許製法で製造していますので、有用成分をしっかりと摂取して頂き、より健康な毎日を過ごして頂けます。安心、安全で亜鉛の含有量が高いと言われている広島産の牡蠣を選りすぐり、8時間かけてゆっくりと煮込んで製造。大切な天然のミネラルが生きています。瓶詰めの過程も、製造から24時間以内に行い、新鮮な状態でお届けします。生きたままの栄養素をご体感下さい!」


というようになります。

この文章を読んで頂くと実感して頂けるかと思うのですが、「お客様のメリット」について分かりやすく表現されています。

さて、なぜ多くの方は無意識に売れない文章、つまり販売者視点の文章を書いてしまうのでしょうか?
その理由の1つに、「販売者の視点と、お客様の視点が大きくずれている」ということがあります。
このギャップに気付き、お客様の気持ちを考えることが、売れる文章を作成するためには非常に大切です。

まずは、文章を書いているときに、
「このフレーズを読んだお客様はどのように感じるのかな?」
「この部分は、お客様にどのようなメリットがあるのだろうか?」
「ここは、お客様から見て、他の会社と違うように見えるかな?」

など・・・ホームページの向こうにいるお客様のことを思い浮かべることから、始められたらよいと思います。

無料相談お申し込み

現在地:トップページネット集客の基本売れる文章の書き方