ネット集客の基本

ネット集客の基本

成約率はどのくらい必要?

ホームページを作成し、新しくマーケティングを始めた方から「成約率はどのくらいが目安なのでしょうか?」という質問を頻繁に頂きます。
そこで、このホームページでは、ホームページの成約率(コンバージョン率)についてお話させて頂きたいと思います。

一般的には、「成約率は1%あれば成功」と言われていますが、これは競合の状況と商材によって異なります。
例えば地域ビジネスの場合は5%程度出ますし、ダイエットなどの競合の激しい業界の場合は0.5%程度のこともあります。
また、PPC広告経由のアクセスと、自然検索(SEO対策)からのアクセスでは成約率が全く異なります。
一般的には、PPC広告経由のアクセスの方が高い成約率になります。
(SEO対策からのアクセスの方が信用があるので、コンバージョン率が高いというのは嘘です。)

そのため、成約率の目安はあまりなく、「成約率○%を目指す」というのは考えない方が良いと思います。
それでは何を考える必要があるかと言いますと、「広告費に対して採算が取れているか?」ということです。

例えば1個販売することで10,000円利益が出る商品を取り扱っているとします。
もし広告のクリック単価が50円であった場合・・・
50円÷10,000円×100=0.5%の成約率までであれば、採算を取ることが可能です。
つまり、1件の注文で上がる収益が広告費を上回っていれば大丈夫だということになります。

もし、収益よりも広告費が高い場合は赤字ということになります。
このような場合は、クリック単価を落とすか、リピート購入を促していくことが大切になってきます。

成約率は商材によって異なりますので、「目安となる1%を切っているからすぐにホームページを変更しなければならない」などと、思う必要はありません。
最終的に大切なのは、「収益が出ているかどうか?」ですので、それを踏まえたうえで、しっかりと広告設定を行いましょう。

無料相談お申し込み

現在地:トップページネット集客の基本成約率はどのくらい必要?