ネット集客の基本

ネット集客の基本

売れるデザインとは?

ホームページで販売する際には、内部の文章と同様、そのデザインが非常に重要です。
デザインが良くないと、あなたの商品やサービスの良さを十分に伝えることができません。

そこで、このページでは「集客に直結する、売れるホームページのデザイン」ということについてご説明させて頂きます。

ホームページのデザインを決定する際に、最初に知っておいて頂きたいことは、「あまり凝り過ぎない」ということです。
あまり斬新で奇抜なデザインや、フラッシュを多用したようなデザインは、かえって見にくくなってしまい、お客様が離れてしまう危険性があります。
実際にこれらのホームページは、ほとんど集客出来ていません。

デザインは、ある程度のレベルを越えていれば、それで十分注文を取ることができます。
現在見て頂いている集客代行センターのホームページや、その他当社が運営しているホームページ程度のデザインで十分だと思います。

次に、デザインを決定させる際には、「商品やサービスに対して、どんなイメージを持ってもらいたいか?」ということを考えることが重要です。
そのための要素としては、「自社のイメージを伝える色にすること」「明るい未来を想像させるイメージ画像を活用すること」が非常に重要です。

まず、色についてですが、
会社の公式ページやコンサルティングなら、「落ち着きと知的なイメージを意識した水色」
食品なら「食欲が起こりやすくなるオレンジや赤の暖色系」
病院やクリニックなら「安心感ややさしさをイメージする薄緑色」
子供向きの商品やサービスなら、「心が温まるようなピンク色」
限定品やこだわりを意識した商品やサービスなら「威厳を表す黒色」
楽しいテーマパークやおもちゃなどなら、「楽しさをイメージしたポップな黄色」
などと言うような、その業種とマッチした色合いにすることが重要です。

次に、「明るい未来を想像させる」という点ですが、こちらは会社や商品のイメージを瞬時に伝えるのに役立ちます。
「あなたの商品やサービスを利用した際に、お客様はどんな感情になるのか?」ということを、「視覚的に伝える」ということが非常に重要です。

例えば・・・
学習塾であれば、お子さんが合格して嬉しそうにしているイメージを伝える
弁護士であれば、親身になって依頼者の相談に耳を傾けているイメージを伝える
また、商品販売ページであれば、取り扱っている商品を綺麗な画像で表現する
などの工夫をすることで、そのホームページの雰囲気を瞬時にお客様に伝えることができます。

売れるホームページのデザインにはある程度のパターンがあります。
ここで紹介させて頂いた内容で、ある程度の必須項目をクリアすることができますので、ぜひ試してみて下さい。

無料相談お申し込み

現在地:トップページネット集客の基本売れるデザインとは?