ネット集客の基本

ネット集客の基本

売れるセールスレターの書き方

当社では、過去に30以上の商材を販売してきましたので、「売れるセールスレター」がどういうものかを知り尽くしています。
(当社が実際に運営しているサイトはこちらをご参照下さい。)

ネット販売の業界は競争相手が多く、普通の販売力では到底勝ち残れません。
今の時代は、昔から生き残っているベテランがひしめいている状態ですから、1個売るのも大変です。
また、「商品が売れても、広告費に圧迫されてしまい、結局利益が出ない」というのもよくある現象です。

昔は普通の商品でセールスレターを使う必要などなく、「売れるセールスレター」について考えるのは情報商材の世界だけでした。
しかし、今の時代では、ライバルが数多く存在していますから、サイトの構成をしっかりと考え込んでいかないと、全く売れません。

そこで、このページでは「ライバルと差をつける、売れるセールスレターの書き方」ということについてご紹介させて頂きます。

売れるセールスレターには2つの要素があります。
この2つをしっかりと意識して頂ければ、成約率が期待できます。

1、誰に対して書かれているものか?
あなたのセールスレターは、誰の悩みを解決するためのものでしょうか?
細かい部分まで描写し、ターゲットとなるお客様の悩みをしっかりと記載しましょう。
ターゲットを1人にまで絞込むような感じで書くと、心に響きます。

2、決定的な証拠
どのような優れた話であったとしても、証拠がなければお客様はお金を支払ってくれません。
・あなたのサービスを利用することで、過去のどんな人が悩みを克服できたのか
・あなたのサービスの質を誰が保証しているのか?
という2点に関して、徹底的に考え抜き、ホームページ上で紹介する必要があります。

この2点を確実に行うことで、セールスレターの成約率が劇的に変化していきます。
売れるセールスレターを作成するうえで、不可欠な要素であると言えます。

それから、覚えておいていただきたいことは、
「自分で、自分の商品を良いということは、誰でもできる」ということです。
つまり、何の説得力も持ちません。
その道で有名な人やマスコミ、お客様が評価していて、初めてその商品の良さを信用してもらえるのです。

無料相談お申し込み

現在地:トップページネット集客の基本売れるセールスレターの書き方